ホーム > ビジネスで社会問題を解決するブログ > BOPビジネス概論 : 日本企業への提言

BOPビジネス概論 : 日本企業への提言

    その1:はじめに
      その2:市場の特徴
        その3:ターゲット市場の特定
          その4:マーケティング・ミックス 1  
            その5:日本企業への提言
              その6:市場を開拓する人材要件 1 



経済産業省主催でフォーラムが開かれたり、BOPビジネスに関する認知も徐々に広がってきたような気がしますが、これまで見てきたBOPビジネスの成功要因を振り返りながら、今回は日本企業がBOP市場でビジネスを展開するにはどうしたら良いか、具体的な提言を行って見たいと思います。


BOP市場への進出タイミング


BOPというコンセプトをわかりやすく言い換えると、これまで市場と考えてこられなかった、年間の世帯収入が3000ドル未満の貧困層を、ビジネスのターゲットして考えることにトライする。と いうことに尽きると思います。市場が小さいと頭から否定するのではなく、どうやったら市場として魅力あるものに出来るか考えてみる。というわけです。

ただし、実際のところ、全ての企業がBOPを商品を売り込むターゲットと考え、その戦略を練るのは非現実的です(無い袖はふれないのです)し、BOPを市場として 捉えるというコンセプトの表面的な理解に過ぎないのではないかと思います(だからこそ、ネクスト・マーケットでは最初にBOP市場の住人に様々な方法で購 買力をつける必要性を説いているのです。)。

必要なことは、BOP市場を持つ国と共に手を取り合い成長することだと思います。それには様々な産業を巻き込み、産業毎にタイミングを見計らってBOP市場を保有する国々に進出する必要があります。

大まかにいうと次のような流れで、日本とBOP市場を持つ発展途上国の付き合いが深まっていくのではないかと考えます。

  1. 政府を巻き込んだ大規模取引 -黎明期
  2. 生産拠点の移転 -初期発展段階
  3. 中・高所得者層へのマーケティング -発展段階
  4. BOP市場へのマーケティング -成長期


1)政府を巻き込んだ大規模取引

これは、政府を通じたインフラの開発支援や資源の採掘権のやり取りなどが含まれます。政府同士の交渉や、総合商社など巨大資本が関与する領域です。ビジネ スを行うためのインフラを国が整えるタイミングです。資源を保有する国であれば、それが外貨を獲得する有効な手段となるのは間違いのないことでしょう。

進出段階は国の発展段階によって異なると思いますが、電力などのエネルギー供給及び水道などの生活に必須のインフラと、資源採掘などは経済が未発展な状況でも政府を中心に真っ先に取り組まれるビジネスになると思います。

一方、インターネットなどの通信網、及び公共交通機関(バスや新幹線)などはもう少し後、国民の生活水準が向上した後に進出チャンスを迎えることになると 思います。その際は、両国の政府と民間が協力しながらそのインフラを築くことになると思われます。


2)生産拠点の移転

政府を巻き込んだ大規模取引の次にチャンスが巡ってくるのが、生産拠点の移転です。これは日本のメーカーなどの中には既に行っているところも多いと思いま す。現地に雇用を創出し、安く品質の良い品を世界に届ける。現地の購買力を高める。というフェイズです。

教育水準、技術力の高い国であればITなどの情報産業の格好のアウトソース先になります。日本のIT企業、ゲームメーカーでも、業績がそこそこ高いのは、 生産を中国やベトナムといった東南アジア、ロシアや東欧に移転し良好な関係を築いている企業です。

また、政治的に不安定で教育が充実していない国々では、労働集約型の産業が主役になるでしょう。日本の衣料の生産拠点がまず中国の縫製工場に移り、現在は ベトナムに移っているように、今後は他の東南アジア諸国やアフリカに移ると考えられます。

例えば靴や鞄、漆器など、職人が手作りで作り上げるような作品も労働集約型である以上、生産拠点を海外に移せる可能性は十分にあります。

こういった労働集約型の産業の場合、原料と労働力を安価に現地で調達できるかどうかが進出する際の一つの判断基準になります。


3)中・高所得者層へのマーケティング

次に可能性として浮上してくるのが、途上国の中・高所得者層へのマーケティングです。中国での富裕層が急速に拡大していることは自明のことですが、どういった国であっても事業に成功し財産を築いた人々は存在します。この層をターゲットにビジネスを出来ないか考えるのが次のステップになります。

このタイミングでの主役は、日本国内にいる機動力の高い小規模企業が中心になるかもしれません。例えば日本で販売されているアニメや、下着、パソコン。そ ういったニッチな市場を求める富裕層に対して機動力を活かしてサービスを展開していく。そういったベンチャー精神溢れる小規模事業主が活躍するのがこのタ イミングなのではないでしょうか。正確に定義するのであれば、富裕層を相手にする以上、これはBOPではありません。しかし、将来BOP市場に進出する足がかりをつくる上で、日本と諸外国との間に流通のコネクションを築いておくことは、小規模事業主にとって大きなアドバンテージになりえると思います。(例えば日本国内の大手企業の販売、マーケティングを支援するという形のビジネスに発展する可能性もありうるのではないでしょうか。)


4)BOP市場へのマーケティング

さて、最後のフェイズがBOP市場へのマーケティングのフェイズになります。世帯の年間の可処分所得が3000ドル未満の層に対して、様々なサービスを提供していく。一層のイノベーションも必要だし、現地の住人を巻き込む活動も必要になってきます。

しかも、難しいのは、BOP市場が市場として十分美味しいものになってからこの市場に進出するのでは遅いと言うことです。既に先駆者が市場と情報を抑え、参入障壁を築いていることと思います。だからこそ、日本国内の企業がBOP市場に進出するためには生産拠点なり、それなりの所 得を持つ層に対して財・サービスの提供をするなりして、市場の理解を進めておく必要があるのだと思います。これがなかなかに難しい。

例えばアフリカ国内の自動車シェアはトヨタが一番ですが、先進国で使われなくなった中古車を安くアフリカに提供するような流通スキームを更に強化し、ブランド認知を10年~20年という長期スパンで考えるような活動が今後一層効果を発揮すると思われます。

また、ヤマハ発動機が取り組むガーナでの船外機の販売のように、製品の購入が収入の増加に直結するような市場がないか探し、まずはそういった市場に特化した商材を提供していくことで現地での認知と信頼を高めていくという活動も重要になってくると思います。


まとめ


新たなビジネス機会として、BOP市場はおおいに注目を集めています。コンセプトとしてこの言葉は非常にキャッチーです。先進諸国の需要は頭打ちで、新たな成長の可能性を示すこの言葉は非常に魅力的なものにうつります。

しかし、理解しておかなければならないのは、BOPという言葉はビジネスコンセプトのひとつに過ぎず、その視点は素晴らしいけれど、あくまで既存のビジネスの延長線上に魅力的な市場が広がっているということなのではないかと思います。

  • 新興諸国はそれぞれ異なる経済の状況を抱えている
  • 必要としている財やサービスもそれぞれ異なる
  • とはいえ、他社より一足早く市場に進出し、橋頭堡を築かねばならない


まとめるとこのような形になるのではないかと思います。他社より早く、新興諸国に対する調査と理解を深め、コネクションを築かねばならない。それは新興市場で成功するためには非常に重要なことだと感じます。

しかし同時に闇雲に海外に進出するのではなく、BOPという言葉に踊らされるのではなく、勝算を見据えて動かねばならないと思います。

国内の大手製造業は、既に生産拠点は海外に映し続けていますし、高所得者層へのブランド認知も十分進んでいる。いくつかの先進的な企業を中心にいよいよBOP市場へ戦略商品を投入しようという段階かと思いますが、成功例は未だ少ないという状況です。ただ、BOP市場で成功するために必要なファクターは日本の大手製造業は既に保有しているのではないかと思います。

一方、国内の中小メーカーやサービス業に関しては、情報・人材・資金など、様々な経営資源の不足から進出に足踏みしている状況ではないかと思います。それらの不足する資源を補うインフラはまだ十分とはいえない状況ですが、官・民問わず、徐々に整備されつつあります。

BOP市場をターゲットとして考えてこなかった中小メーカーやサービス業は、まずは新興諸国の経済状況について調査し、理解を深める段階にあります。中国・インドといった、話題にのぼっている国だけに目をむけるのではなく、様々な新興国の状況に目を光らせ、自社の事業規模や特性に応じた魅力的な市場をまずは探すところから始めると良いのではないかと思います。



福井信英
福井信英(ふくい・のぶひで)
慶應義塾大学商学部卒。株式会社ジョブウェブの事業部長として、数十社の採用コンサルティング及び、各種リサーチ、教育研修コンテンツの作成に取り組んだ後、独立。
現在は著述業ほか、複数のソーシャル・プロジェクトの実行を手掛ける。

個人blog: 人と組織とfukui’s blog http://fukui.livedoor.biz/
東洋経済オンライン連載コラム: 学生時代の学び方 http://bit.ly/5j7iFV


    Trackback URL

    コメントを投稿する

    最新記事

    2011年6月15日“The Social Intrapreneur “~欧米では次々にソーシャル・イントラプレナーに関する論文が発行!!
    2011年3月4日【セミナー・レポート】2011年2月26日ソーシャル・イントラプレナー養成講座
    2010年8月16日“The Social Intrapreneur – A Field Guide for Corporate Changemakers”: Social Intrapreneurに求められる特徴・スキルとは?
    2010年5月28日BOPプロトコル その2 事前準備の段階
    2010年5月19日BOPビジネス概論:市場を開拓する人材要件 その2
    >>ビジネスで社会問題を解決するブログ一覧