ホーム > GIFT-Young Leaders Programme in Philippines~フィリピンでウェブとモバイルを使って稲作農家に力を与えよう

GIFT-Young Leaders Programme in Philippines~フィリピンでウェブとモバイルを使って稲作農家に力を与えよう

Global Young Leaders Programme (YLP) 他にはないユニークな企業幹部育成プログラムです。リーダーシップとビジネススキルを育成するだけではなく、アジアを舞台にした開発プロジェクトでビジネスによる解決策の創出に挑戦し、リーダーシップとビジネススキルを実践的に鍛える経験をします。

GIFT-YLPのプログラムには世界各国から20人前後の参加者が集まり、座学とフィールドワークを中心に、対象となる国が抱える問題をビジネスを通じて解決する方法を立案します。

本プログラムに参加して得られるものは、

1)世界各国の若手ビジネスリーダー達との研鑽
2)成長を続ける新興市場でビジネスを成立させるために必要となるスキル
3)開催国となる地域の行政・企業・金融機関とのコネクション


などであり、過去のGIFT-YLP参加者は、ここで出会った人材・企業を通じてビジネスのフィールドを世界に広げています。

この度、第30回目を迎えるYLPは2013年1月14日から1月25日まで、フィリピンの稲作研究機関、International Rice Research Institute (IRRI,国際稲研究所) と共同で、香港(Module 1)とフィリピン(Module 2)で開催されます。

Module 2のフィールドプロジェクトが開催されるフィリピンでは、International Rice Reserch Instituteが開発したウェブとモバイル・ツール(”Nutriment Manager”)を利用し、稲作農家・米収穫高と商人を結びつける新しいビジネスモデルの青写真を作り上げることを目指します。”Nutriment Manager”は農家が膨大なデータへアクセスし、それらのデータを利用し収穫量や生産性を向上させることを可能にします。

今回のプログラムの参加者は、現地農家がNutriment Managerを使い、情報、サービス、商品へよりアクセスする方法や財務パートナーに対し、重要なマーケットデータを確実に収益化する方法を提案します。

Module2を通し、参加者は

  • アジアや南米やアフリカの新興市場に関係のあるビジネス・モデルに関する重要なインサイトを得る。

  • フィリピンの短期的中期的見通しについて多用な展望を得るため農家、 農業改良普及員 、収穫アドバイザーや、官僚、ビジネス・オーナー、研究員にインタビューをします。

  • 世界で成長率が最も高い経済における将来のビジネス機会を評価するとき、いかにして社会に対する貢献を考慮に入れるかの理解

  • 自分自信のリーダーシップスタイル、特に、あまり馴染みのないテーマで文化を超え、効果的に協力し合うために必要なソフト・スキルを洗練するために集中的なビジネス・プランニングの過程の活用

  • などを経験する予定です。


    【フィリピンの現状】

    フィリピンは9,200万人以上の人口を持ち、世界で12番目に人口の多い国です。また、消費の拡大、財政支出の拡大、向こう数年間は上り調子の投資環境といった前向きな展望を背景にアジアで最も経済的パフォーマンスの良い国の1つです。

    フィリピンの米の生産は同国の食料供給と経済の両面で重要です。フィリピンは世界で8番目に大きい米生産国ですが、2010年に世界最大の米輸入国になり、穀物生産の改善の必要性がでてきました。この問題は財政面だけでなく、国家食料安全保障の上でも重要な影響があります。



    「われわれは持続可能な開発に取り組んできた。特に経済的成長と社会的発展の国家的プラットフォームをサポートするようなエコシステムの一貫性を強化し、保つことを目指してきた。」
    (A. Balisacan/国家経済開発庁長官)



    【ソーシャル・インパクト】

    途上国の稲作農家の生活は稲作農業のすべての面に関する適切で最新の情報にかかっています。より高い収穫量や生産量は農家が世界的な米需要のギャップを埋めることができるということを意味するだけでなく、彼らの収入レベルも向上することも意味します。民間レベルのパートナーシップがNutrient ManagerとIRRIの米に関する専門知識のデータベースをフィリピンのより多くの農家や農業改良普及員にアクセスが可能なものすることができるでしょう。


    【プログラム・パートナー】

    International Rice Reserch Institute:国際稲研究所

    IRRIは非営利の調査研修機関で、共同研究を通じて、稲作農家や消費者の健康改善だけでなく、環境的な持続可能性の確保に取り組んでいます。同機関の社会経済調査は米の公正な供給の改善に関する政府方針の立案に役立っています。



    プログラム概要


    期間2013年1月14日(月)~1月25日(土)
    場所Module 1/香港
    Module 2/フィリピン
    期間 YLPは2週間のプログラムです。
    Module 1 :5日間(1月14日~18日)
    Module 2 :7日間(1月19日~25日)
    参加者は1月13日までに香港に到着してください。
    日本へは1月26日までに帰国できます。
    ※各Moduleの詳細についてはコチラをご覧ください。
    費用参加者1名につきUSD12,500-. 
    内訳:プログラム・ファシリテーション、教材、宿泊費、フィリピンへの往復渡航費用、食費(含まれない日もあります)
    ※ただし、日本~香港間の往復渡航費、査証取得費用、旅行保険は含まれていません。
    言語英語
    ※ただし、業務遂行が可能な能力は必要ですが、流暢でなければならないというわけではありません。

    ※キャンセルポリシー等、より詳しい条件につきましては、コチラをご確認ください。




    gift@jobweb.co.jpに「GIFT-YLP:フィリピンプログラム参加希望」とメールをご送付ください。
    申し込み書類をご送付させていただきます。

    尚、より詳しい情報をご希望の方は、gift@jobweb.co.jpまでご連絡ください。過去にプログラムへ参加経験のあるスタッフから、プログラムの詳しい内容のご案内と皆様からのご質問・不明点へお答えさせていただきます。