ホーム > セミナー > BOPビジネス理解ワークショップ ~市場進出の際に抑えるポイントをタイプ別に解説~


こんにちは。GIFT-Japan事務局の福井と申します。

本ブログでは、BOPビジネスに関する記事を複数回にわたり執筆して参りましたが、これまでの調査とGIFT-YLPでの経験をもとに、BOPビジネスに関してのセミナーを
開催いたします。

より深くBOPに関して理解したい方、理解するだけでなく、ワークショップを通じて進出する際の注意点を体感したい方、是非ご参加ください。




新興国の経済発展、そして先進国の不況を背景に、国内でもこの1年の間に急速にBOPという概念に関しての認知度が高まって参りました。

一方、BOPという言葉が一人歩きし、夢のようなマーケットが広がっているかのように喧伝され、錯覚されることに一抹の不安も覚えます。

既に広く海外に展開しているグローバルメーカーに勤めている人は、BOPというマーケットに進出しても、現段階では十分なリターンを得られない。と考える人が多いことでしょう。

一方、国内市場を中心に展開してきたメーカーやサービス業は、市場の縮小からBOPマーケットに過度な期待を寄せているということもあるかもしれません。

シンクタンクやコンサルタント、PR会社にとっては、BOPは新しいビジネスの種に見えますし、非営利団体にとっては、未だ「思い」重視で具体的な事業化のイメージを創れていないようにも思います。




本セミナーでは、これまでのGIFT-Japanでの研究結果をもとに、

・BOPビジネスを考える際に抑えておくべき基本データ
・事業タイプ毎に異なる進出方法、進出タイミング
・BOP市場に進出する際に求められる人材像

といった項目に関して、ゲーム形式のワークショップといくつかのデータを用いてお伝えします。

本セミナーが、BOPビジネスに関する皆さんの理解を深める一助となれば幸いです。


プログラム概要


第一部:
BOP市場への進出を題材にしたゲームを通じて、BOPビジネスに関する理解を深めます。グローバルメーカーやITベンチャーなど、それぞれ特徴の異なるプレイヤーをチーム毎に担当して頂き、最適な進出タイミングや人材育成の方針などに関して、体感して頂きます。

ゲームを通じて参加者同士交流して頂くことで、セミナー後に情報交換や、プロジェクトを立ち上げるきっかけとして頂ければと思います。

第二部:
ゲームでの学びをもとに、BOPビジネスを手がける際に抑えておくべきことをお伝えします。


※何故、ゲームを利用するのか

BOPビジネスという新しい市場を理解するためには、基本的な書籍やレポートを読み込むこと以上に、実際のBOPビジネスに携わっている人と継続的に交流することによって新たな情報や視点を手にいれることが大事になってきます。

今回のセミナーをそのベースキャンプとしたいと思い、ゲーム形式のワークショップを入れることに致しました。是非、ご参加ください。


講師紹介


福井信英
福井信英(ふくい・のぶひで)
慶應義塾大学商学部卒。株式会社ジョブウェブの事業部長として、数十社の採用コンサルティング及び、各種リサーチ、教育研修コンテンツの作成に取り組んだ後、独立。
現在は著述業ほか、複数のソーシャル・プロジェクトの実行を手掛ける。
GIFT-Japanでは、BOPビジネスに関する研究と実行を主に担当。

個人blog: 人と組織とfukui’s blog http://fukui.livedoor.biz/
東洋経済オンライン連載コラム: 学生時代の学び方 http://bit.ly/5j7iFV


※GIFTブログでのBOPビジネスに関するレポートはこちら

その1:はじめに
その2:市場の特徴
その3:ターゲット市場の特定
その4:マーケティング・ミックス 1  
その5:日本企業への提言
その6:市場を開拓する人材要件 1 

ワークショップ概要


日時: 2010年6月26日(土)
時間: 13:30~17:00 (13:00受付開始)
会場: ジョブウェブセミナールーム3F(港区六本木2-2-6)
地図: http://www.jobweb.co.jp/company/company/map/
参加費: 3,000円(税込)